AIDAの人と仕事

社員一人ひとりの個性を尊重し、国籍、性別、年齢、障害の有無等を問わず、
さまざまな国や地域で有能な人財を受け入れる企業風土を確立。
グローバル事業の拡充に向けた組織づくりと人財育成によってさらなる成長基盤の強化をめざす
アイダエンジニアリングの職種と仕事内容を紹介します。

技術系・事務系ともに幅広いフィールドで活躍できます

いずれも先輩たちの大学での専攻はさまざまで、得意分野の知識を活かして幅広いフィールドで活躍しています。

技術系

機械設計

プレス機械を中心に、材料供給装置、搬送ロボットなど、プレス成形システムを構成するすべての機械の設計をおこないます。アイダの製品は総じてサイズが大きく、一人の技術者がフレーム、歯車をはじめ、あらゆる部品の強度計算や設計図面の作成を担当できるのが特徴。営業、生産技術、購買・調達など関わる部署も多いので、完成したときは大きな達成感があります。

制御設計

プレス機械とその周辺機器の動力や電気系統の設計、制御系(シーケンス、モーション、サーボなど)ソフトウエアのプログラミングなどをおこないます。メインターゲットが自動車部品メーカーであり、事業をグローバル展開していますので、機械設計技術者とともに海外へ渡り、お客さまの工場でプレス成形システムの組立て・稼働テストに立ち会うことも少なくありません。
近年では製造業のDX化が進み、ネットワーク・通信技術やIT技術を搭載した製品も増え、業務内容も幅広く活躍する事ができます。

研究・開発

最先端の技術を追求して次世代の機械・装置の開発に取り組み、プレス用新素材の研究もおこないます。設計職との違いは、少数精鋭体制で役割に明確な線引きがないこと。機械、制御を問わず、研究・開発から設計、試作品の製作・評価まで、すべての工程をカバーできるエンジニアになりたい、という人が集まっています。

生産技術

現状の生産体制の課題解決や生産効率の向上、より安心・安全な生産環境の構築など、製造工場におけるさまざまなテーマに基づいて、設備レイアウトの最適化、新規生産ラインの構築、各種工作機械の保守・メンテナンスなどをおこないます。

事務系

営業

お客さまのニーズに基づいて最適なプレス機械、成形システムを提案。受注後もお客さまと当社の技術者をつなぐ橋渡し役として、製品の引き渡し、稼働テスト、保守・メンテナンスまでフォローします。
国内で経験を積んだ後、海外拠点に常駐してセールスエンジニアやマネージャーとして活躍する道もあります。

管理

会社のバックヤードを支える仕事です。主な職種としては、社員が気持ち良く働ける環境をつくり、株式総会などのイベントの準備から備品の調達・管理まで幅広い業務を担う「総務」。人財の採用・教育・育成全般に関わり勤怠管理も担う「人事」。予算のとりまとめや財務諸表の作成、原価計算をおこなう「経理」「財務」。他にも「法務」や「システム」など様々な仕事があります。

生産管理

製品製造に関する、全般的な基本計画の策定、設計、管理、材料・部品調達、製造等の実施計画の策定等、全社の生産をコントロールするアイダエンジニアリングの生産の司令塔です。プレス機械に関する幅広い知識を身につけ、関係部署に的確な指示・統制を行い、効率的な生産体制を実現する「生産計画」。設計職と連携して取引業者の選定や機械部品の購入をおこなう「調達・購買」。大きな製品や部品を納品、輸出入する際に必要な手続きをする「物流・貿易」などがあります。